「新しい家具、この部屋に入るかな?」新しい家具を買う時に皆んな悩むところです。そこでメジャーと睨めっこになるわけです。そんな人達に朗報が…。
サカタインクスが、iPadで実際の部屋の写真を使って配置を試せる「3D プランナー for iPad(仮称)」を開発しました。
iPadで部屋を撮影すると、その画像データを介して空間が自動で認識され、アプリ内に格納された家具データを読み込むことで部屋の中に実際に家具を配置しているかのようなシミュレーションが可能になる仕組みだそうな。これまでは3DグラフィックソフトやARなんかでそういった事が出来るのはありましたが、3Dソフトの専門的な知識が必要だったり、ARでは今ひとつ正確ではない配置図が出来上がったりなど、なかなか難しいところがありました。それが部屋の写真を撮るだけで可能になるわけです。
実際にはまだこれからの話で、家具店や家電流通企業の利用を想定しているそうで、今後はユーザーが冷蔵庫、テレビなどの家電製品や、ソファ、シェルフなどの家具、カーテン、ラグなどのホームファッションを購入する際に、すべて3D プランナー for iPad上で検討できるようにするとのこと。これからはメジャーと格闘しなくて済む時代がくるようです。