ラトックシステムは、家電やAV機器のリモコンをスマホにまとめて操作できる「Wi-Fi接続学習リモコンユニット REX-WFIREX1」を発売しました。
wfirex1_app

本機を導入すると、スマホのアプリのリモコン画面から多くの家電製品やAV機器をまとめて操作できるようになります。

仕組みは次のようになります。スマホやタブレットからWi-Fiで送られてきたリモコン信号を赤外線に変換。その赤外線を送信することで、家電をコントロールするわけです。主なメーカー・機種のリモコンデータは事前に登録済み。アプリ画面にしたがって選択するだけで、すぐに使用できます。それ以外のリモコンは、手動でリモコン信号の登録をおこないます。
wfirex1_cut02

また家中(いえなか)モードという家の中のWi-Fiが届く範囲で操作ができるモードがあります。スマホとルーターがWi-Fi接続できていれば、赤外線リモコンのように機器の前に移動することなく、どこからでも操作することができます。もちろん、同じ部屋内だけでなく隣の部屋や2階からリビングの家電製品を操作することも可能です。

そして家外(いえそと)モードでは、クラウドサーバー経由で外出先から自宅の家電の操作可能。帰宅前にエアコンや照明をつけて、快適な状態にしておくことができます。クラウドサーバー利用に伴う課金は無料。ただし通信料は自己負担となります。


そして家中/家外のモード切替は、アプリ上で簡単に行うことが出来ます。

また製品本体に「温度・湿度・照度センサー」を搭載。 アプリ画面で部屋の状況を確認することができます。このため外出先から自宅の温度や湿度を見た上で、エアコンなどを稼働するかどうかを判断。帰宅前に部屋の状態を快適にしておくほか、在宅中の高齢者やペットの熱中症対策にも活用できます。照度は、照明を切り忘れていないかを確認するのに便利です。
また家中モードでも計測したデータの取得が可能で、朝に寝室からリビングの温度を確認してエアコンを最適な温度に設定し直すといった使い方もできます。

またマクロ機能を持っているので、ひとつのボタンに複数の操作を登録しボタンひとつで一連の操作が完了させることも出来ます。マクロ作成にはプログラミングの知識は不要。操作したいボタンを追加していくだけで、直感的にマクロを組むことが出来ます。

さらに家電製品やAV機器にタイマーを設定することも出来ます。学習リモコンユニット本体にタイマー情報が設定され、指定した時刻にリモコン信号を送信。タイマー機能を持たない家電製品やAV機器であっても、本製品を使えばタイマーで作動させることができます。複数の家電のグループ登録も出来るので、全てを同じ時刻に操作することも出来ます。もちろん日時を指定する「1回のみ」と、曜日・時刻を指定する「繰り返し」もあります。

なお、本機の赤外線の有効範囲は水平方向が最大360度、垂直方向が最大180度。有効距離は最大10mとなっています。iOSは8.4以降、Androidは4.4以降となっています。

ラトックシステム Wi-Fi接続 学習リモコンユニット REX-WFIREX1