やよい軒の鍋定食の新メニューに「カレー鍋定食」「ぽかぽか生姜鍋定食」が12月から加わっています。寒い季節にぴったりなスパイスが効いたカレー出汁で豚肉やウインナーを煮込んだ変わり種のカレー鍋からご紹介します。

P3290705_m牛丼チェーン店の鍋メニューのように卓上で煮込むタイプではなく、土鍋でしっかり煮込んでから提供されるため他のメニューより時間がかかるようです。メインのカレー鍋は、スパイスと出汁が合わさった食欲をそそる香りがたまりません。出汁が効いたカレースープは食べていると徐々に汗がじんわりしてくる辛さで、辛いものが苦手な人でもギリギリ食べられるくらいの辛さです。なお、後で気付いたのですが、本来なら辛さを調整できる激辛スパイスも付いてくるそうです。鍋の具材は豚肉やウインナー・ほうれん草・厚揚げ・半熟玉子などが入っています。底には当然うどんが鎮座しています。
さっそく食べていくと、よく煮こまれたウインナーからはプリッとした皮の歯ごたえを感じます。燻製の香りはスパイスとベストマッチで、カレー鍋には最適の具材と言えそうです。豚肉はスパイスの中に脂の甘みがあり、これまた相性よし。カレースープで煮込まれた具材はどれもついついご飯が進むので、白米にしておけばお代わり自由でカレー鍋を堪能できます。うどんを食べると、もはや完全に鍋ではなくカレーうどんを食べている気分に。

付け合わせはサクサクのコロッケ生野菜。スープにつけることでカレーコロッケのようにして食べることも可能です。